トップ / 医師が家庭と両立する

医師が家庭と両立する

医師が家庭を持つ

医師の仕事と家庭との両立とは

医師になるまでのインターン時代は、夜勤が入り、研修にしっかり時間を使わされます。しかし、病院勤務の場合には科によって、早く切り上げられる部門もありますのでそんな場合は家庭との両立も可能です。緊急病院に配属されれば、交代制もありますが、若い医師が時間を多く配属され、家庭へ使う時間の観点では難しい。一般的には、夜勤が入ったりした場合は、家人にさみしい思いをさせてしまうケースがあって、でもそこは、時間だけではない穴埋めの方法があるでしょうから一概に両立できないものではない。

仕事と家庭を両立できている医師

医師という職業は非常に忙しく、休みが全く取れないというイメージが強いですが、現実には仕事と家庭をしっかり両立できている人は意外と多いです。もちろん、それはやるべきことをしっかりやってるということが前提にあります。中には、仕事一色でプライベートの時間は取らない、という医師もいますが、それはそれで仕事への情熱が高いという現れともいえます。新人の頃はなかなか休めないということが多いですが、経験を積むにつれて、オンとオフの切り替えを出来るようになっていきます。

↑PAGE TOP