トップ / 今の時代は医師が少ない

今の時代は医師が少ない

医師の人数を増やそう

医師の不足する原因とは

今の時代医師というのが不足している地域や、国が多々ある所ですが、そう言ったことが何故起こってしまうのかということが挙げられます。原因の一つとしては、忙しすぎて辞めてしまうか、手術の不十分な部分が発見されてしまったという事も、挙げられますのでそう言ったことが無いようにするのが大切です。医師の不足している地域には、募集などをかけるなどして人数を増やすということをするのも、良い方法ですのでそう感じたのならば募集をかけてみましょう。病院自体が少ないのであれば、新たに立てるというのも人が集まりやすい病院に、なるのではないでしょうか。人数が少ない原因をつきとめるというのも良いですが、集めるという事をするのも大切なのではないでしょうか。辞めていってしまうばかりでは、人も集まりませんのでそう言った行動に出るというのも、何かをすることにより集まってくるので、そう言ったことは是非とも実行してみましょう。たくさん人の集まる、そんな病院にしたいですね。

医者の不足とその原因

わたしたちの生活に密接に関わっているものとして、病院があります。風邪をひいたり、怪我をしたりしたら医者にかかるのが当然です。当たり前のように存在していると思われる病院ですが、日本では深刻な医師の不足を抱えています。ではその原因はなんでしょうか。日本ではその昔、医師過剰を恐れて、増加を抑制する政策をとっていました。そもそも医療現場の実情を参考にしたものではなかったため、もともと先進国と比べて人数が少ないにも関わらず抑制策がとられてしまったのです。次に、その人数の算定基準にも原因があります。アメリカではフルタイムで働いていて1人と換算します。免許があっても働いていない人は換算しません。しかし、日本では、働いていなくても免許さえあればカウントしています。例えばですが、結婚し現役を離れた女医や、高齢で引退した人ですらカウントされています。さらには、死亡したとして、遺族が免許の返納をしなければカウントされてしまっている可能性もあります。正確な人数の把握が出来ていないことが、医師の不足の原因を招いたのかもしれません。

↑PAGE TOP