トップ / 医師の雇用形態について

医師の雇用形態について

医師の紹介とはなにか

医師の人材派遣について

医療分野は人材の確保が重要であるという特徴があり、医師でも変わりはありません。しかし医療の現場は他職種との連携の観点から人材派遣には慎重であり、表面的には派遣を行うということはないとされています。しかしながら現実問題として人手不足を補う必要があるために何らかの形で人材確保の道を考えなければならないのが現在の医療の現場の特徴です。その答えの一つとして近年では医師の人材派遣ではなく紹介という方法が選択されています。派遣との違いは職員としての採用を行い、直接給与を支払うという雇用関係を結ぶところにあります。

医師の人材派遣の取り扱い

医師の人材派遣を希望する声があります。しかし医師の様な医療の連携が重要視される職業においては人材派遣が禁止されており、派遣の代わりに紹介という事業が行われています。このことは一時的な雇用による医療スタッフの存在なしには医療が成立しないという現実を示すものであると言えます。この紹介事業では実際に職員として雇用するところが派遣職員とは異なります。派遣ではなく紹介という方法を採用することで正規雇用という形態をとることが出来るという点で従来の派遣職員とは異なる取り扱いとして認知されるようになってきています。

↑PAGE TOP