トップ / 地方で仕事をする医師たち

地方で仕事をする医師たち

地方での医師の働き口

地方の医師の求人状況

医療機関では医師不足で、とくに大学病院や自治体が運営する大型医療機関では深刻な問題となっています。不足する原因は少子高齢化や医療技術の発展で、高齢化により需要が高まり、検査技術や治療の高度化で医療現場で働く医療従事者が不足していることが原因です。とくに地方の大手病院で働いた経験のある人が、自身のクリニックを開業するケースも多いです。開業が相次ぐことで離職者が多く、医療従事者の確保は医療機関にとって重要な問題となっています。

医師の地方都市でのニーズ

医師の仕事は、主に診療所や大きな病院などが勤務先になることが多く、地方都市でもニーズがあることから、比較的都心以外でも働き口が見つかりやすい職業となります。大きな大学病院などであれば、多くの診療科目で経験者を募っているので、経験を活かして活躍できる職場も多数見つかります。都心と比べると、通勤には自動車が必要なところが多くなりますが、駐車場も十分な広さが確保されていることが多いので、自動車で通勤も可能な職場も多いでしょう。

↑PAGE TOP