トップ

医師の結婚について考える

医師の結婚相手選び

医師が結婚相手に求める条件

医師もひとりの人間ですので、一般人と同様、結婚相手を選ぶ際には外見と性格が好みであることが判断基準です。それに加えて職業柄、譲れない条件がひとつあります。それは「自分の仕事について理解を示してくれる人である」ということです。医師は激務ですので毎日、病院にいる時間が長く、家庭を省みる時間があまりとれません。そのような状態でも不平を言わず、献身的に支えてくれる人を結婚相手として望んでいるのです。同じ職業である医者と結婚したり、看護師と結婚するというケースも多いですが、医療についての知識が必須ということではなく、職業上の特色についてわかってくれるという点が重要です。結婚後、相手に求めるスタンスについては様々です。家庭に入って自分をサポートしてほしいという人もいれば、共働きが良いという人もいます。将来、開業したいと考えている場合は、ともに診療にあたることのできる医療関係者をパートナーとして選ぶことも多いようです。

結婚相手としての医師について

男性にとっても女性にとっても結婚相手として医師という職業は非常に魅力的に映ります。社会的にステータスもあり、収入面での心配もほぼ要らないということがその理由として非常に大きなものであると言えるでしょう。しかしながらこの職業には非常に重たい負担がのしかかるものであり、結婚相手として考えるのであればその業務の特性に対しては最低限理解をしておかなければならないでしょう。例えば相手が勤務いとして働いているのであれば急患の呼び出しや当直などで普通の生活を送ることは出来ないでしょう。たまにある連休を使用した旅行をすることも難しい場合もありますし、病院を中心としたある程度の範囲から外には行くことが出来ないという状態に陥るケースもあります。その様な不自由な側面がありますので、その辺りを理解することが配偶者には求められます。そのためお互いの事情を理解できる医師同士の結婚も多くなってくると言えるのです。

↑PAGE TOP